MEMO




来年について :: 2017/10/29(Sun)

 最近いくつかの作品に知り合い、また好きな作品を見返す機会を得て、自分の創作活動を見直していました。
 今まではアクティブに、作りたいストーリーを作り上げて本として完成させてきました。
 「トマリギ亭」や「カンテラ」はストーリーをお手軽に楽しめるほか、表紙や章扉のイラストには意味づけをすることができました。「氷の花」では掌編ながらもそれぞれに繋がりのあるストーリーを作ることができました。それについてはとても満足しており、自分の中ではそれぞれの作品に対して「やりきった!」という思いがあります。
 「星あかり」は合同誌ですが、一枚のイラストに対して文章を付与することで、イラストそのものに意味を与えるという新しい試みをすることもできました。「水のゆくえ」では、「トマリギ亭」以上に舞台をひとつの地域に絞ることで、話同士の繋がりをより深くし、登場人物それぞれにスポットを当てたことで、物語を色々な角度から掘り下げることもできました。この物語は、エンターテイメント性よりも「生と死」というテーマについて自分なりの解釈と答えを盛り込んだものなので、物語性を楽しむには向いていない作品になってしまいました。また、テーマや各物語に対して少しエピソード・ボリュームが不足していることで、この作品の良さが削がれてしまっています。それについては新たな試みをすることで、「水のゆくえ」の魅力をより伝えられるよう、努力したいと思っています。現在、色々な企画を検討中です。

 私はミステリや、作品中に謎が散りばめられている作品が大好きです。それら謎のピースを拾い集めて自分で組み立てることで「物語では、実際に何が起こったのか?」を推理して、謎に迫っていく、という工程がすごく好きで、来年の創作活動は、もっと「自分の好き」を詰め込んだ、もっと作品として深いものにしたいです。
 次はそうしたことに取り組む予定で、「トマリギ亭」と「星あかり」の二つを繋ぎ、物語の舞台であるハイファンタジーの世界の、核心に少し触れるものを作りたいです。ハイファンタジーであるこれら二作は、ある物語の構想の、ほんの一部の物語であるという位置づけなのです。
 もうひとつは、私があちこちでずっと言い続けている「童話を元にした物語を作りたい」というものです。現在構想の段階なので、来年中に実現できるかは分からないのですが、このプロジェクトはちょっとずつ進行していて、今までにない「童話」の物語を作るため、色々と考えている最中です。
 読者が作品に対して深く考えを巡らせられるような工夫を盛り込む。来年はもっと、新しいことに挑戦したいと思っています。


スポンサーサイト
  1. 創作
サイトを統合 :: 2017/10/16(Mon)

 梅にトナカイOfflineリニューアルです!
 今回梅にトナカイサイトをちゃんとした情報サイト・作品紹介サイトにしようという試みがあって、本の紹介ページもリニューアルしました。SSもちょっと増えているところもあります。
 
 リニューアルに伴い、トナカイの森は梅にトナカイに統合することにいたしました。
 ブログや情報も今度からこちらのHPで行いますので、よろしくお願いいたします。

  1. 近況
関西コミティア51 :: 2017/10/03(Tue)

 10月1日関西コミティア51に、【L-31】にて参加いたしました。
 前回の文フリがシンプルだったことで、今回はちょっとスペースを目立たせてみようという試みをしました。関西コミティア50もそれなりによいスペースづくりができたと思うのですが、高さを出しつつ、充実してる感がある(?)スペースにしようと思いました。
 その結果があの要塞でした。それなりに見やすく、かつそれぞれの本が目立つようにできたのではないかと自負しております。今回は立ち止まってちょっと気にかけて下さる方が結構いらっしゃったので、スペースに力を入れたことが功を奏したのではないかと思えます。和紙PP加工して喜んでいるよりは、表紙や目を引くスペースづくりに力を入れた方が目を留めて下さる方は多いのは確か、というのを今回実感したように思えます。いや、あの加工は「水のゆくえ」という本を作るうえでどうしてもやりたかったことなので、少々価格が上がってしまいましたが、後悔なんてしてないですとも。
 今まで手に取りやすい本を作り続けていたので、少し太めの本となるとやはりハードルが高くなるのかな、と思いました。今後もサブで盛り立てて「水のゆくえ」の紹介ページ等が作っていって、少しでも手に取りやすい工夫ができたらと思います。ミツカドが協力してくれると言っているので、もしかしたら何か描いてくれるかもしれません。
 
 来年はやりたいことが色々あって、既にいろいろと準備を進めております。今年感じたよかったこと、改善したいことを抱負にまた創作活動していきたいと思います。


  1. 近況
文フリ大阪について :: 2017/09/20(Wed)

 文フリ大阪、台風も無事に過ぎ去って、当日は晴れてよかったですね。
 今回入稿にあたっては遅くまで起きて最後まで調整したりして、今までで一番準備が大変だった気がします。でも新作がポプルス様から届くときれいな仕上がりにすごく感動して、ちょっと元気出ました。しおりの準備などはとても楽しくできました。ミツカドは入稿間際だというのに、色々お手伝いしてくれました。ちなみにミツカドは新作を描くため午前で帰っていたのでした。ミツカドと、どのしおりが一番旅立つか賭けたりしつつ……。
 当日はのんびりと準備できました。両隣様のキャラの濃さにトナカイの森は埋もれてましたね。今回は二作しかなかったので余計スペースが寂しかったですしね。今度は臨機応変にスペースをもう少し目立つようにしようと思います。
 スペースにも何人もお越しいただいて、本をお手に取っていただいたのがとても嬉しかったです。お話ししてくださった方はありがとうございます。「氷の花」についてのお話は、自分の作品について別の角度から見ることができて発見があり、大変有意義でした。お差し入れも美味しかったです。ありがとうございます。

 ちなみにスペースにお越しになられた方や、お向かいさまが一度お会いしたことある方だと後から気付いて「……!!?」ってなってます。私は昔から人の顔を覚えるのがちょっと苦手なので、見覚えがあってもお顔とお名前が一致していないときもあります。特にお向かい様は以前より何度もスペースにお越しになられて、お差し入れまでくださっている方なのに……! 鈍感ですみません……。4時あたりに眠たそうにしている顔とか見られていたかもと思うと恥ずかしいです。お買い物に行った先で、憧れの作家様から「前も来てくださいました?」と問われ「アッ、ハイ。あまぶんで……」としどろもどろになりながらちょっとだけお話させていただきました。ありがとうございます。
 文フリ大阪は今回で五回目。ますますの興隆を喜ばしく思っております。第三回は一般参加で、大人になってから初めて同人即売会に行きました。ここで20冊の本と出会えた時間が、私の同人活動の出発点です。第四回は初の文フリ参加で、トナカイの森名義初イベントです。文フリはとても思い入れの強いイベントで、今回も参加できたこと、本当に嬉しく思っています。今回はありがとうございました。

  1. 近況
新刊について :: 2017/09/16(Sat)

 あと二日後に迫った文フリ大阪ですが、ちょうど台風がやってきますね。去年も台風の直後で曇りだったような気がします。一日だけでもずれてくれて、イベント当日に直撃しなさそうで本当によかったです。

 さて、今回作った新刊についてですが、ここにひっそり書き残しておこうかと思います。
 まず、このお話は中学生くらいの頃からずっと考えていて、大学生の頃に一度完成させていたものでもあります。そこから今回、本にするために更に色々変えて作ったものが新刊になります。一番最初の頃に比べるとまったくの別物になっていますし、大学4年生くらいの頃から私の趣味嗜好ががらりと変わっているので、今の自分風に作る作業がとても大変でした。そのすり合わせに時間を取られて書き直しを繰り返していたため、実質の執筆時間が少なく、書きたい話をすべて書くことができませんでした。シーンやエピソードを粗削りしたおかげで、作中ちょっと急展開なところもあるかと思います。今回それで完成させてしまった物語ですが、自分で何が足りないのか、何を入れればもっと面白いお話になるのかちゃんと分かってはいるのです。削ったのが、まだ完成していなかった主人公関連の話だったのもちょっと大きいかもしれないですね。先に書いていたのが自然サイドの物語が多かったので、自然と裏主人公の話が多いと思います。
 実をいうと、自分の筆の遅さと表現したいものができないことに悔しさを感じています。それでも自分で納得して完成したものは完成したもの。今更後に引くことはできないので、今は来てくださった方がほんの少しでも楽しんでいただければと切に願っております。
 その辺についてミツカドに相談すると、「書けなかったものはまた別の本にして出したらいいんじゃない? そのときに今回いっぱい刷ったやつ並べて出したらいいし」と言ってくれました。「もっと面白くするために色々やれたんじゃないかな」と思うより、書けなかったものはまた別の本に入れるというスタンスでいてもいいのかなとちょっと思えるようになりました。まだ活動二年目の未熟者なので、失敗もしつつ活動をずっと続けていけたらいいと思います。

 今は冬のイベントに向けて新刊を作り始めています。1月から3月はお仕事が忙しいかもしれないので、今のうちにできるだけのことはしておこうと思いました。もう新刊出せないのも、出すために書きたかったものを削るのが嫌なので、イベントの時期ではない時間をもっと大切にしたいと思います。


  1. 創作
次のページ