MEMO




文フリ大阪について :: 2017/09/20(Wed)

 文フリ大阪、台風も無事に過ぎ去って、当日は晴れてよかったですね。
 今回入稿にあたっては遅くまで起きて最後まで調整したりして、今までで一番準備が大変だった気がします。でも新作がポプルス様から届くときれいな仕上がりにすごく感動して、ちょっと元気出ました。しおりの準備などはとても楽しくできました。ミツカドは入稿間際だというのに、色々お手伝いしてくれました。ちなみにミツカドは新作を描くため午前で帰っていたのでした。ミツカドと、どのしおりが一番旅立つか賭けたりしつつ……。
 当日はのんびりと準備できました。両隣様のキャラの濃さにトナカイの森は埋もれてましたね。今回は二作しかなかったので余計スペースが寂しかったですしね。今度は臨機応変にスペースをもう少し目立つようにしようと思います。
 スペースにも何人もお越しいただいて、本をお手に取っていただいたのがとても嬉しかったです。お話ししてくださった方はありがとうございます。「氷の花」についてのお話は、自分の作品について別の角度から見ることができて発見があり、大変有意義でした。お差し入れも美味しかったです。ありがとうございます。

 ちなみにスペースにお越しになられた方や、お向かいさまが一度お会いしたことある方だと後から気付いて「……!!?」ってなってます。私は昔から人の顔を覚えるのがちょっと苦手なので、見覚えがあってもお顔とお名前が一致していないときもあります。特にお向かい様は以前より何度もスペースにお越しになられて、お差し入れまでくださっている方なのに……! 鈍感ですみません……。4時あたりに眠たそうにしている顔とか見られていたかもと思うと恥ずかしいです。お買い物に行った先で、憧れの作家様から「前も来てくださいました?」と問われ「アッ、ハイ。あまぶんで……」としどろもどろになりながらちょっとだけお話させていただきました。ありがとうございます。
 文フリ大阪は今回で五回目。ますますの興隆を喜ばしく思っております。第三回は一般参加で、大人になってから初めて同人即売会に行きました。ここで20冊の本と出会えた時間が、私の同人活動の出発点です。第四回は初の文フリ参加で、トナカイの森名義初イベントです。文フリはとても思い入れの強いイベントで、今回も参加できたこと、本当に嬉しく思っています。今回はありがとうございました。
スポンサーサイト


  1. 近況