MEMO





文フリ京都 :: 2018/01/27(Sat)

 2018年1月21日(日) みやこめっせでの文フリ京都についてまとめたいと思います。レポートというよりは、メモ?

▼当日まで
 風邪やら体調不良が重なって死にそうになってましたが何とか入稿を果たし、しおりやペーパーや帯の準備も何とかできた……。サイトやツイッターでのお報せを一週間前の土日の間に終わらせていたので、最後までじっくり作ることができました。
 「星あかり」の表紙づくりのためにあちこちで買ったちょうどいい厚さのマット紙があって、しおりに使いました。厚すぎず、ペラくなりすぎずで、理想の厚みです。今までは、厚すぎたり、逆にペラすぎたり、大きすぎたりしたのですが、ようやくしっくりくる形で作ることができたと思います。
 ペーパーは今回キンコーズさんで作りました。一枚で作る小冊子。以前A4サイズのものを八等分する形のものをそうさく畑に出したのですが、もうひと回り大きくしたいと思って、A3サイズで小冊子を作りました。余白の関係でちょっとだけ切れてしまいましたが、いつものお報せページの他、ちょっとした本の紹介や次回作の試し読みも作ることができました。パワーアップしつつ、初めてスペースにいらっしゃった方にちょっとした宣伝になればいいかな、と思います。少し多めに作ったのですが、途中で切らしてしまいました。行き渡らなかった方には申し訳ないです……。

▼当日
 入稿早めだったので本も早めに届きました。今回は持っていく本が多いということで、キャリーにみんな詰め込んでお出かけ。今回は冷たいお茶をたっぷり二瓶と、おつまみ用のパン、グリム童話を鞄に入れていきました。京阪は早いし、まったり京都に行くにはちょうどいいですね。ちょっとのんびりしすぎて、10時半頃に着いたのだったかな。いつもより遅めです。それにしてもみやこめっせ、広いですね~。大阪も去年も京都も広々としていたのですが、今回は段違いでした。一般通路もスペース側通路も、狭さに関するストレスを一切感じない! キャリー持ち込みだったので、広めにスペース使えたのはありがたかったです。

 トラブルありつつぎりぎりでスペースを設営して、何とか開場を迎えられました。今回スペースは水のゆくえシリーズを目立つように置いたのですが、棚を積み重ねた上に見本誌を置いたので、ちょっとぐらついてしまったかも。見本誌をお手に取られる方の中にはちょっとだけ取りづらそうな方がいらっしゃったので、もうちょっと安定を考えた方が良かったかも、と反省。また、隅から隅までじっくり試し読みしてくれる方もいらっしゃいましたので、本は全部並べておくのはけっこう大事かも、と思いました。
 今回無配用のペーパーを表に出しておいたのですが(いつもはお買い上げの方だけに手渡し)、けっこう見てくださっている方がいらっしゃったので嬉しかったです。これからもペーパーは無配用に表に出しておいた方がいいのかな?

 頒布数ですが、全体的にまんべんなくお手に取っていただけたかと思います。新刊の「鶯神楽」をはじめ、手に取りやすさという点か「カンテラを灯す夜」の頒布数が多かったです。トマリギと氷の花も持ち込みの半分ほど頒布できました。今回「水のゆくえ」はどうかな、と思っていたのですが、単品、または鶯神楽とセットでお求めの方がけっこういらっしゃったので嬉しかったです! 水のゆくえシリーズ一押しだったので、十数人ほどセットでお手に取っていただけて「京都来てよかった~」と思いました。

 お昼過ぎくらいにあちこち遊びに行きました。今回、主に東京で活動されている方がいらっしゃっていて、ずっと前から気になっていたサークルさんに行ってお買い物ができました。チェックしていた分よりお迎えした本は少なく、巡りきれませんでした。買い忘れが悔やまれる……! サークルさんともちょっとだけお話しできました。有り難いです。買った本、早く読みたいけれど、読んじゃうのがもったいなくてちょこちょこ読んでいます。
 体調が心配だったのですが、会場の暖かさもちょうどよく、最後までいることができました。本当はイベント前後に観光もしたかったのですが、体力的にきつく、お参り等は断念。でもまた京都行きたいな。

▼今後について
 5月の関西コミティア52と文フリ大阪の参加はまだ検討中です。原稿の長さにもよるのですが、何だかんだいって出る気が。
 現在通販についてもミツカドと相談中です。まだどうなるかわからないのですが、もし始めるのならこの春あたりになりそうです。

スポンサーサイト


  1. 近況